顆粒球吸着療法(GCAP)の最近のブログ記事

顆粒級吸着療法(GCAP)終了

| コメント(0)

今日は8回目のGCAPを受けてきた。

これで予定通りGCAP治療はひとまず終了。

5月はよほど悪化しない限り、GCAPは使わないで様子を見ることになった。

 

実は一昨日夜、便後に腹が苦しくなって動けなくなってしまったのだ。

特に痛いというわけではないのだが、膨満感のようで便をもよおす感じがトイレに行っても治らず、下腹部の不快感が1時間以上続いていた。

寒さからおかしくなったのか下腹部をヒーターで温めてみたら何とか楽になった。

この状態を先生に伝えてみたけど、やはりまだ完全に寛解しているとは言えないとの事で、体調に波があるのだそうだ。

 

ただ、アサコールや顆粒級吸着療法(GCAP)が直腸下部の炎症に届かないことがあることから、直腸下部に対しての投薬として今回新たにペンタサ注腸を処方してもらった。

これで上と下から炎症を押さえ込もうということらしい。

 

確かに最近のもよおし方は下部が原因のような気がしていたのでこれは期待できるかも。

ただやったことがないからちょっと心配だけど先生お手製の説明書ももらったしこれから早速やってみるぞ~!

 

ちなみに便の回数自体は前回GCAPの時からほとんど変わらなく3~5回で推移している。

ただ、夜中にもよおすのも変わってないので眠りが浅くて朝がつらい・・・

でもそれはぜいたくですね・・・汗

さて、あと2日でゴールデンウィークだ。

今年はおとなしく注腸してるしかないか・・・涙

回数は減っているが・・・

| コメント(0)

一昨日のGCAP後、薬を処方してもらったおかげか、身体のいろいろな症状はかなり和らいできた。

しかし22日頃がピークだったな~

便の回数は相変わらず4~5回前後で推移している。

にもかかわらず、身体全体が調子は悪くてとにかく便の後の重さがとれない!

15日で終了したステロイド離脱の副作用なのか・・・

それかあくまでも風邪ひいた感じなのかな。

 

まぁもしUCが悪化していたらもっと便の回数も増えて下痢や血便がひどくなってるだろうから・・・

しかし、治りそうで治りきらないもどかしさ。。

でも難病でこの程度ですんでるならいいほうなんだろうな・・・

今日はGCAP7回目だった。

ここ最近、以前から記事にしている頭痛の他、微熱(37.3度程度)及びリンパの腫れ、頭皮や顔のにきび、歯茎の腫れから口内炎まで盛りだくさんの状態に!!

とりあえず、ロキソニンを飲めば痛みは治まるんだけど、もちろん完全には治らない・・・

原因がステロイドを止めたせいなのか気候の影響か単に風邪をひいたのか判断がつかないのだ。

 

UCの方はというと相変わらず便の状態と回数は落ち着いている(5回以下)けどやっぱり血便は出てる。。

とりあえず、現在の状況を先生に話したら、30日まで様子を見てステロイド再投与とかの方針を決定することになった。

血便については例によって画像を先生に見せたんだけど、今の血便量ならそれほど心配しなくてよいとのこと。

もちろん、今後血便量が増えるようであれば要注意。

 

またUCにおいて血便が止まらなければいくら下痢が治って便の回数が減っても寛解とはいえないそうだ(もちろん血便の度合いにもよるらしいけど)。

血便が出ると言うことは未だに大腸の炎症が落ち着いていないことを表しているからとのこと。確かにそうだろうな。。。

 

それ以外の身体の各症状には単純ヘルペス治療薬のバルトレックスとマクロライド系抗生物質のクラリス、それとトランサミンを処方してもらった。

これで各症状が落ち着いてくれればいいんだけど。。

 

身体のあちこちの変調は原因が分からないのでちょっと不安になる。

といいつつも、最大の原因はUCが治ってきて油断した反動が見事に現れてしまってると思われます・・・自爆

無理がたたってだいぶ体力も落ちてる気がするので・・・

やはり油断は大敵です・・・涙

 

さて予定では次回GCAPで、顆粒球吸着療法はひとまず終了だ。

それまでにまずは体力回復しとかなければ!!

今日は6回目のGCAPだった。

 

頭の痛みはロキソニンが切れてくると痛くなる状態が続いている。

ロキソニンの残数が少なかったから潰瘍性大腸炎(UC)と直接関係ないけどロキソニンを処方してもらったぞ。

 

しかし頭の痛いのは何でだろう・・・以前単純ヘルペスで痛くなったけどそのときは顔の皮膚も痛くなってたんだよな~

UCのストレスか意外とプレドニン(ステロイド)の離脱に対しての副作用か!?(副作用の可能性はあるとのこと・・・)

 

そして今日は今後の治療方針について先生と話をしてきた。

前回の診察時、GCAPを今回で終わりにするという話があったけど、それよりもステロイドのプレドニンを中止して、GCAPは今月いっぱい続けるということで先生と一致した♪笑

その方が、ステロイドの副作用発現を抑えられるし、GCAPは月途中で止めても月末で止めても4月8日に記載した記事の通り、10回GCAPの治療を受けたら1ヶ月は開けないといけないという決まりがあるのでGCAPは4月いっぱい受けることにした。

治療回数は2回(22日と30日)で8回まで治療してGCAPは終わりにする。

これで5月様子見。仮に5月中に悪化しても2回のストックを利用して治療できる。

もちろん、5月を乗り切れば6月以降はいつでも治療可能!

完璧!!w

 

まぁ、そもそも治療を受けない状態(寛解)になってるのが理想なんだよな。

 

最近のトイレ回数は3回~5回で便状態も軟便だからほぼ寛解と言えるのかもしれないが、ステロイドを離脱しているわけではないからね~

今日でステロイド離脱になったからこれで悪化しないことを祈って寝ることにします。。

 

ちなみに・・・ロキソニンって添付文書情報には潰瘍性大腸炎患者は慎重投与でUCを悪化させることがあるって書いてある・・

やっぱ、なるべく飲まないことに超したことはないのだね。汗

今日もGCAP。

今回は前回のGCAPから日数が短かった。間が長いと心配だけど、短いとあっという間だな。。笑

 

ちなみに便の回数は4~5回で安定してきた。

今回GCAP後の診察でだいぶ落ち着いてきたのでGCAPを次回くらいで終了してみるという話がでたけど、便の回数は減ったとはいえ、まだ血便は続いているから、今GCAPをやめてしまうのは不安だな。

 

でもGCAPは10回終了した月の翌月はGCAPを受けることができないとのことで、10回目の治療を受ける前にうまく回数をコントロールしなければならない。

このまま行くと5月上旬に10回目の治療を行うことになりそうだけど、そうなると5・6月はもしUCが悪化してもGCAPを受けることはできないことになってるそうだ。

なので4月の最終週で一度打ち切って、5月を様子見というパターンにしておいて、万が一大腸炎が悪化しても10回目のストックを残してGCAP治療を受けるという、臨機応変に対応できる体制で臨みたいと思っております。。

 

それとは別で未だに栄養失調の状態は続いているしプレドニンのお世話(今日の診察で2錠から1錠に減った!)になってるわけだし。


ここへ来て顔や頭皮にニキビがひどくなってきた・・・

ステロイドの副作用でにきびってあったけどそれだったらいやだな~

次回の診察まで悪化しなければステロイドの投与は終了になると思うんだけどね。

 

そして次回のGCAP治療6回目は4月15日になりました。

今回は一週間後だ~

カテゴリ

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

-------------

ここは難病患者でも親身に保険の相談をしてもらえた数少ない相談窓口です。インターネットから予約が完結できるので面倒な調整が必要ないのでお勧めです!