下痢(水様便)の最近のブログ記事

とうとう水様便に・・・

| コメント(0)

今日は夕方、水様便になってしまった。涙

一度だけだからまだ様子見だけど、血便の回数も増えてしまって結構ショック。。

 

ステロイド離脱後の再燃はこんな風に悪化してしまうのかな~

明後日の診察までこれ以上悪化しないでほしい・・・

 

とりあえず、休もう。。

今日は予定通り4回目の顆粒球吸着療法(GCAP)を受けてきた。

今回も前回同様うまく血液が循環できた!

そして今日のGCAP後の診察で、プレドニンが4錠から2錠に減ったぞ!

トイレの回数も落ち着いているし、順調に回復してるらしい。

 

まぁまだ栄養失調の状態が続いているけど、これは少しずつ回復していくでしょうとのこと。

あと便の状態に波があるのは当然とのことだった。

いくら順調に回復していても好転と悪化を繰り返しながら徐々によくなっていくものだそうで、今の私の場合は主治医の先生の経験上順調すぎるらしい。。

先生の中では今回ステロイドのプレドニンが2錠に減ったけど、このまま減らしてプレドニン離脱後も順調に回復し続けられれば安心していいと考えているとの事だった。

ようは今の回復はプレドニンによるもので身体自身での回復ではないってこと!

確かに身体がプレドニンに頼っているのを感じる・・・アサコールよりもね。。。

 

ちなみに次回のGCAPは4月8日になった。。。

もう4月・・・

| コメント(0)

3月3日に入院してからあっというまに1ヶ月だ。

今思えば早かったな・・・

 

トイレの回数は5回。

退院した頃はトイレの回数も多かったけど、深夜にもよおすことが多かった。まして下痢だったから最悪。

深夜の便の状況はあまり変わっていないけれど、以前に比べればずいぶん回復した~

 

やっぱり顆粒級吸着療法(GCAP)+プレドニンの治療が自分に合ってたのかな。

でもまだまだ波があって回数は大幅に増えないものの突然血便と下痢が強烈になることがあるんだよね。

この波が当たり前なのか明後日のGCAPの時、先生に聞いてみようっと。

 

4月に入ったとはいえ、まだまだカイロは必需品だ・・・涙

耳鼻科

| コメント(0)

27日のGCAP後、かなり調子が落ち着いて来て、トイレの回数も4回~5回で推移している。

便もほぼ形ができて(軟便)きて、水様便の回数はかなり少なくなってきた。

 

そんな中、今日は扁桃炎の予防薬であるアズレミックという薬をもらいに耳鼻科へ行ってきた。

UCの治療を受けてる病院で処方できるか聞いてみたら、この薬はないそうなので仕方なくかかりつけの耳鼻科へ行って来た。

 

プレドニンを服用しているので他の病院にはかからない方がいいと言われていたけど、この薬がなくなると夜寝るときにのどが乾燥してしまい、腫れてしまう。

元々扁桃腺が大きくて、大人になってもよく熱を出していたんだけどこのアズレミックを夜寝る前に服用するようになってからのどが乾燥から守られるようになって熱も出なくなってきたのだ。

入院してしまったのでこの薬が耳鼻科に行けずなくなってしまい、今日もらいに行ってきた。

 

とりあえず、耳鼻科に行って始めにプレドニンを服用していることを告げたらすぐに診察してくれた。

さらに今のプレドニン量だとあまり耳鼻科に来ない方がいいからといことでアズレミックも3ヶ月分処方してくれた。

耳鼻科の先生は年齢や体質にもよるがステロイドを一日30mm(6錠)以上で1ヶ月服用すると副作用が出やすいと言っていた。

自分の場合は前回のGCAP時に4錠に減ったけど3月9日から3週間ほど6錠だったからやはり結構飲んでることになってるんだな。

 

耳鼻科に来ない方がいいといわれるぐらいだからやっぱり油断は禁物だ。

とりあえず、プレドニン離脱まで頑張るぞ!!

今日は予定通り、3回目の顆粒球吸着療法(GCAP)治療を受けてきた。

前回から8日空いたけど特に大きく悪化もせず3回目のGCAPを受けることができた。

 

GCAP中に技師の先生と話したんだけど、私の今の回復力には驚いているとのこと。

1回目から規定量を循環できたし、入院していたとはいえ、脱水症状にはなってなかったし、多少回復傾向にあった中でのGCAPが非常にタイミングがよかったんですねとのことだった。

2回目の時、写真を撮りながらスーツで行ったときもかなりびっくりだったとのことで、普通は2回目から多少GCAPの循環がよくなってきて3回目で様子をみて退院という方が多いそうだ。

自分の場合、入院してからGCAPまで日数があったから、点滴で多少回復したタイミングでGCAPをできた。

 

比較的重症で急性のUC患者はGCAP+プレドニンの集中投与で回復する人が結構多いとのこと。

重症の全大腸炎型UCに対しては食事療法で腸を休めて回復するのが基本治療となることが多いんだけど、絶食後の回復する期間を考えると、GCAP+プレドニンの方が、より早く回復する傾向があるみたいだ。とのこと。

もちろん難病で詳しくは解明されていない病気だから人によって、回復度合いが大きく異なるのは間違いないようなんだけどね。

 

そしてGCAP終了後の診察で順調に回復しているとのことでプレドニンを6錠から4錠に減らすことになった。

少しずつ減らしていって、ステロイドから離脱しましょうとのことだった。

あと、栄養失調の状態は続いていて、これに関してはタンパク質を採ってと言われた。

食事制限をしているわけではないので栄養のある好きなものを食べてくださいとのこと。これについてはホッとしたな~

 

というわけで順調には回復しているけど、GCAPの技師の方と話した回復が早いという話になったら、主治医の先生も若干回復が早すぎると感じているとのことで、早いことはいいことなんだけど、GCAPを受けて急激に回復した人でまれにGCAPをやめた後、その反動で悪化する人がいるので念のため気にとめておいてと言われた。

まぁ、まだ3回目だし、GCAPは遅効性とのことだから、様子見ながらかね。

ちなみに昨日のトイレ回数は7回。今日は5回だ。

トイレの回数も5回~8回程度で落ち着いてきたぞ~

まぁまだ下痢だし、多い感じだけど・・・汗

 

さて次回の4回目GCAPは4月3日、1週間後だ~

カテゴリ

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

-------------

ここは難病患者でも親身に保険の相談をしてもらえた数少ない相談窓口です。インターネットから予約が完結できるので面倒な調整が必要ないのでお勧めです!