ステロイドの最近のブログ記事

今日診察を受けた。

注腸の効果が見られないため、GCAP(顆粒球吸着療法)を再開することになった。

早速26日から再開だ~
これで治ってくれるかな。

でも直腸に潰瘍が出来ていて、それが原因だとしたら、GCAPでは直腸まで届かないって以前聞いた気がするんだけど・・・

前回はGCAP+ステロイド(プレドニン)で落ち着いたから今回も落ち着いてくれることを祈る!

GCAPに期待しよう!

混合注腸は入れやすいかも!

| コメント(0)

早速昨日夜からペンタサとプレドネマの混合注腸をやってます。

正直ペンタサ単体でやるよりはよほどスムーズに液体が注入できた気がする。

ペンタサの成分であるメサラジンも詰まらないですんなり注入できた!

 

ただ、混合注腸の準備がかなり難しかった・・・

プレドネマのカテーテルが抜けなくてかなり苦戦しました・・・汗

コツはつかんだのでその映像をアップしたので参考にしてもらえれば・・・

http://youtu.be/CuHqfIia8-E

引っ張るのではなくカテーテルを押し込むのがポイント。

押し込んでカテーテルに空気が入ってきたら、一気に引っ張るとすんなり取れます。

これ普通に引っ張っても絶対にとれない!!汗

 

あと、混合注腸の事前準備もついでにアップしたのでこちらも参考にどうぞ!

まずは、ペンタサ単独の注腸の場合の準備をアップしました!

http://youtu.be/sOWGAeYopOw

(更新しました!)

 

で、混合注腸の場合は単独の時と、スタートは同じだけど、さらにペンタサ容器内部の液体を捨てます!

http://youtu.be/6X4yeEkzlq0

そして減らしたペンタサ容器にプレドネマ注腸の容器をつっこんで、液体を混ぜます!

http://youtu.be/eutMOnSkXA4

 これはプレドネマ注腸の容器をつっこむ前にペンタサの容器を握って空気を抜いておくのがポイント。

そうするとすんなりプレドネマ注腸の液体がペンタサの容器に移っていきます。

 

これで準備は完了。

挿入時はカテーテルを使ってます。

挿入直前に肛門だけじゃなく、カテーテル先端にもキシロカイン(潤滑剤)を塗るとすごい挿入しやすくて入れやすいよ。

 

ところで、肝心の症状改善は・・・

あまり変わらない・・・

一回だけでは変わらないか・・・涙

しばらく注腸を続けて様子を見てみよう~

 

ちなみに今日、母子で退院してきた。

今日からすでに戦争が始まりそうな予感。。

早く回復しないと!!汗

今日は予定通り診察だった。

その時、状況が変わらない話をしたらちょっと強めのステロイド薬である「リンデロン座薬」を使ってみようかという話になった。

結構副作用が出る場合があるから先生も出すか迷っていたんだけど、その時、「ペンタサ・プレドネマ注腸両方使ってもだめなんですか?」と聞いてみた。

そしたら「えっ!!!まだやってなかった!?大変申し訳ない!!!」ということで本来はペンタサ・プレドネマを混ぜて注入する混合注腸を通常は処方しているのだが、先生の中では処方済みになってしまってたらしい・・・

この方式は先生の中でもお勧めの処方方式らしく、ペンタサに入っている注入補助の液体をプレドネマの液に変えることによってペンタサ注入補助液の副作用を減らすことが出来、さらに効果も正式に記録があるわけではないがかなり上がるとのことだった。

是非これを試してから次の方法を考えましょうとのこと。

これは期待できるかもと思って帰ってきた♪

早速これから試してみるぞ~笑

27日に病院でもらったプレドネマ注腸だけど、ペンタサ注腸で結構苦戦したのでちゃんとはいるか心配だった。

とりあえず、常温に温めて、キシロカイン(潤滑剤)を塗って・・・

思いのほか、すんなりでびっくり!

やっぱりペンタサと違ってメサラジンの粉がないから入れやすかったのかな?

とりあえず、一通り入れることが出来てホッと一息。

 

でもこの後にまたトイレに行きたい衝動と闘わないといかんのだわな。。

ペンタサ注腸もそうだけど、注腸系は入れた後もじっとしていなければならない(動くと便意が・・・汗)のがつらいよね。

 

でも早く治すために我慢だ!!!

 

ちなみに今日はガスコンが効いたのか精神的なものなのかまだトイレ回数4回だ~

プレドニンも注腸で

| コメント(0)

なんとか診察の日までたどり着いた・・・汗

23日に退院以来最大のトイレ回数11回を記録してからずうっと7~8回でしかもやはり夜に出る。

ほとんどがガスと膿と血のかたまりだけなんだけど、昨日もまた1,3,5時に起こされました。。

 

そんなふらふらになりつつある中、病院で診察を受けたんだけど、下痢はしてなくて回数が多くてガスと膿が出るってことで改めて直腸の潰瘍が悪さ(それもかなり下部)しているため、注腸でペンタサを使っていたけど、今度はプレドニンの注腸版(プレドネマ注腸)を処方してもらった。

メサラジン(ペンタサ)の成分ではなくステロイドで直腸下部の炎症を抑えてみましょうとのことだった。

またガスについてはガスコンというガスを体外へ出す薬を処方してもらい様子を見ることになった。。

 

とにかく普通に眠りたい・・・

先生曰く、直腸の下部に出来ている炎症部分から膿が出てくると血便とガスが出てくる。

そうすると夜中でも我慢が出来ずにもよおして起きてしまう。

これは人にもよるけどUCでもよく聞く症状で夜眠れないと言う症状を訴える人が多いとのこと。

考えてみれば3ヶ月間、夜ぐっすり眠れてないことになっちゃうのか~涙

かと言って昼間に回数が増えるのもつらいけどね・・・汗

 

とりあえず、ガスコンとプレドネマ注腸で様子を見ることになった。。

今回プレドネマ注腸も苦戦するんだろうか・・・汗

2014年7月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2014年7月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

-------------

ここは難病患者でも親身に保険の相談をしてもらえた数少ない相談窓口です。インターネットから予約が完結できるので面倒な調整が必要ないのでお勧めです!