ペンタサの最近のブログ記事

5ASA製剤

| コメント(0)

今日はここまでトイレ回数6回。

まだまだ水様便に近いけど、前に比べたら便後の疲労感が全然違う!

とはいえ、まだまだお腹周りは冷えてカイロ必須の状態は続いている・・・早く暖かくならないかね~

 

さて、昨日の記事の続きで潰瘍性大腸炎の基本薬となっている「5ASA製剤」について。

私の場合、5ASA製剤があまり効いてないように感じられると先生に話したことから始まったんだけど、UC専用薬である「5ASA製剤」は大腸で分解され効果が発揮されるけど、その課程で直腸まで効力が届かない場合があるそうだ。

 

そもそも5ASA製剤は「ペンタサ」や「サラゾピリン」が代表的な薬で今回新薬の「アサコール」が増えた。

サラゾピリンが一番古いUCの薬だけどもこの薬はそれなりに副作用が多いらしい。

ちなみに私の場合は5日間程サラゾピリンを服用したけど、特に副作用らしきものはなかったかな・・・

先生の経験上からはサラゾピリンは結構副作用に気をつけていたそうだ。

 

そこで改良されて誕生したのがペンタサとのことで、サラゾピリンに含まれている「スルファピリジン」と「5アミノサリチル酸(メサラジン)」という成分のうち、「スルファピリジン」が副作用の原因だと言われていて、その副作用の原因を排除して出来たのが、「5アミノサリチル酸(メサラジン)」で構成されたペンタサとのことだった。

ちなみに5ASA製剤の5ASAとは「5アミノサリチル酸」のことでこの成分が潰瘍性大腸炎の炎症作用を抑えてくれると想定されているらしい(なぜ効くのか作用機序はまだ完全に解明されていないらしい。でもなぜか効くらしい!汗)。

 

でもサラゾピリンに含まれている「スルファピリジン」は大腸で分解するため、ペンタサよりもより大腸の奥深くまで「5アミノサリチル酸(メサラジン)」の効力が到達するとのことだった。

ペンタサだと直腸まで「5アミノサリチル酸(メサラジン)」の効力が届かなく(大腸の途中で分解されてしまう!)てなかなかS状結腸や直腸の潰瘍やびらんを治すことが難しかったらしい(それでペンタサ注腸という、肛門から直接直腸へ投与する座薬のようなものがあるそうだけど、この下痢の状態では絶対無理!!!涙)。

 

ちなみに今飲んでる新薬のアサコールもペンタサと同じような薬効薬理のため、直腸まで効力が届かなくていまいち効き目が感じられないのではないかとのことだった。

それでもペンタサに比べれば大腸の奥まで5ASA製剤の効力を残すために薬剤のコーティングに改良が加えられているらしく多少奥まで届くはずらしいんだけど・・・

 

このコーティング剤で副作用が発現することはあるそうだ(ペンタサで副作用が出なくてアサコールで副作用が出るパターン)。

 

もちろん現状アサコールはUCに効力が無いわけではなく大腸全体に対しては効いていると思われ、自分の場合、副作用もなく、炎症の再燃防止にも効果があるはずなのでアサコールは必ず飲み続けるようにと言われてしまった。

もっとも今のプレドニン(ステロイド)量が6錠(30mm)の状態では5ASA製剤よりもプレドニンの方が身体の炎症を抑える効果が強いはずとのことで、しばらく併用して治していきましょうとのこと。

 

というわけで、今回先生から聞いた5ASA製剤についてまとめると以下の通り。

 

・潰瘍性大腸炎治療剤のペンタサは先発薬のサラゾピリンより副作用が少ないが直腸まで効力が届かないことがある。

その弱点を改良されたのがアサコールで、ペンタサ並みに副作用が少なく、サラゾピリン並みに直腸まで効力を保つ機能を有している。

ただ大腸奥深くまでメサラジンを到達させるためのコーティング剤がペンタサから変わっていて、これが副作用を起こすことがまれにあるとのこと。

 

以上、UC内服治療の参考になればと思うけど、自分の経験からの主観なので、最終的には皆様の主治医に確認をお願いします・・・

アサコールの副作用

| コメント(0)

あっという間に3連休が終わってしまった・・・

今日はここまで回数7回。
便も3回に1回位は形のある便になってきた気がする。
ただまだまだ水様便が多くて体力消耗はあるな・・・

 

明日から出勤。

今週は出張もあってフルでの出勤になるから気合いを入れつつ、体調に気をつけないと!

 

そういえば、前回19日のGCAPの時、アサコールの副作用について先生と話をしてみた。

私が2月にアサコールの副作用を疑って一度服用を中止したあと、3月8日に再開してから2週間アサコールを飲み続けているんだけどいまいち効果が見えない気がしてネットで医薬品の添付文書情報を見たら、副作用率が48.5%と非常に高い数値だったので先生に聞いてみたのだ。

 

するとまずアサコールの副作用はそれほど心配しなくて大丈夫とのことだった。

 

アサコールは2009年12月に販売開始された新薬で添付文書情報に記載される臨床試験の数もそれほど多くはなく、さらに臨床検査値の異常も副作用として添付文書情報には掲載されていて、現時点での副作用として考えられるものを全てカウントしているので48.5%という非常に高い数値が表示されているとのことだった。

この表示自体は正しいのだそうだけど、実際に私の主治医が処方している中で明らかにアサコールの副作用によってUCが悪化したり腹痛が出た状態になった患者はいないそうだ。

アサコールの先発薬であるペンタサも添付文書情報に記載されているよりは経験上ずっと安全な薬とのことで、ペンタサの改良薬であるアサコールはより副作用が少ないと考えることができるとのことだった。

もっとも日本での発売は間もない状態で私の場合は特にプレドニンも服用していたので、念のため、服用を中止したとのことだった。

 

というわけで副作用については問題ないと思われるという結論になったんだけど、そもそも私の場合「5ASA製剤」と呼ばれている潰瘍性大腸炎の薬が効いていないような気がするという点だけど・・・

記事が長くなってしまったのでまた明日続き書くぞ~!

また大腸内視鏡・・・

| コメント(0)

今日は早速朝一で紹介された病院に連絡してそのまま受診してきた。

まずは初診ということで今までの経緯を聞かれて、念のため、12日に大腸内視鏡検査をもう一度やることに!

 

ペンタサを飲み始めて一週間経つがほとんど効果が認められない感じとのことで、内視鏡検査で腸の状態を再確認するのが目的らしい。

また12日までペンタサより、より直腸で効果のあるというサラゾピリンという薬を処方してもらった。

これで内視鏡検査の日まで様子をみましょうと。。

 

ただ身体の方は食欲もあるし軟便と下血は続いているけど前と変わらずそれほど苦になってはいないんだよな~

しかし大腸内視鏡は胃の内視鏡よりつらくないとはいえ、また検査かと思うと気が重い・・・涙

そしてまた大腸内視鏡の検査準備グッズをサラゾピリンとともに処方されて帰ってきた。

血が増えてきた・・・

| コメント(0)

便の状態は相変わらず軟便で血も出ているけど、さっきのトイレで血が増えてきた感じがする。


ペンタサ飲み始めてもうすぐ5日経つけど、あまり薬が効いてないのかな~

 

まぁ、こんな簡単に聞くもんじゃないのかな?

 

しかし便以外はほんとに普通の状態。むしろ、いつもより食べてるくらいだし!

 

あ~!すっきりしない~涙

出血続く

| コメント(0)

前日の大腸内視鏡の影響か、朝起きてトイレに行ったら便器が真っ赤になるほどの血が出てしまった。

ちょっとびっくりして病院に電話してみたけどこの状況はよくあることらしく(よくでもないのかな?汗)、明日まで続くようなら連絡くださいとのことで一日くらい出血することは大腸内視鏡後にはありえることらしい。
100201_blood_stool.JPG←血便画像です。苦手な方はクリックしないでください!

そうはいわれても血が大量に出ると焦るよな~


ちなみに昨日処方されたペンタサは今日から飲み始めた。
出血以外は特に便の状態とかは変わりない。


日常生活は普通だし食欲も旺盛なのに血便だけ続くってやっぱり気持ち悪くてしょうがない!!

カテゴリ

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

-------------

ここは難病患者でも親身に保険の相談をしてもらえた数少ない相談窓口です。インターネットから予約が完結できるので面倒な調整が必要ないのでお勧めです!