5ASA製剤

| コメント(0)

今日はここまでトイレ回数6回。

まだまだ水様便に近いけど、前に比べたら便後の疲労感が全然違う!

とはいえ、まだまだお腹周りは冷えてカイロ必須の状態は続いている・・・早く暖かくならないかね~

 

さて、昨日の記事の続きで潰瘍性大腸炎の基本薬となっている「5ASA製剤」について。

私の場合、5ASA製剤があまり効いてないように感じられると先生に話したことから始まったんだけど、UC専用薬である「5ASA製剤」は大腸で分解され効果が発揮されるけど、その課程で直腸まで効力が届かない場合があるそうだ。

 

そもそも5ASA製剤は「ペンタサ」や「サラゾピリン」が代表的な薬で今回新薬の「アサコール」が増えた。

サラゾピリンが一番古いUCの薬だけどもこの薬はそれなりに副作用が多いらしい。

ちなみに私の場合は5日間程サラゾピリンを服用したけど、特に副作用らしきものはなかったかな・・・

先生の経験上からはサラゾピリンは結構副作用に気をつけていたそうだ。

 

そこで改良されて誕生したのがペンタサとのことで、サラゾピリンに含まれている「スルファピリジン」と「5アミノサリチル酸(メサラジン)」という成分のうち、「スルファピリジン」が副作用の原因だと言われていて、その副作用の原因を排除して出来たのが、「5アミノサリチル酸(メサラジン)」で構成されたペンタサとのことだった。

ちなみに5ASA製剤の5ASAとは「5アミノサリチル酸」のことでこの成分が潰瘍性大腸炎の炎症作用を抑えてくれると想定されているらしい(なぜ効くのか作用機序はまだ完全に解明されていないらしい。でもなぜか効くらしい!汗)。

 

でもサラゾピリンに含まれている「スルファピリジン」は大腸で分解するため、ペンタサよりもより大腸の奥深くまで「5アミノサリチル酸(メサラジン)」の効力が到達するとのことだった。

ペンタサだと直腸まで「5アミノサリチル酸(メサラジン)」の効力が届かなく(大腸の途中で分解されてしまう!)てなかなかS状結腸や直腸の潰瘍やびらんを治すことが難しかったらしい(それでペンタサ注腸という、肛門から直接直腸へ投与する座薬のようなものがあるそうだけど、この下痢の状態では絶対無理!!!涙)。

 

ちなみに今飲んでる新薬のアサコールもペンタサと同じような薬効薬理のため、直腸まで効力が届かなくていまいち効き目が感じられないのではないかとのことだった。

それでもペンタサに比べれば大腸の奥まで5ASA製剤の効力を残すために薬剤のコーティングに改良が加えられているらしく多少奥まで届くはずらしいんだけど・・・

 

このコーティング剤で副作用が発現することはあるそうだ(ペンタサで副作用が出なくてアサコールで副作用が出るパターン)。

 

もちろん現状アサコールはUCに効力が無いわけではなく大腸全体に対しては効いていると思われ、自分の場合、副作用もなく、炎症の再燃防止にも効果があるはずなのでアサコールは必ず飲み続けるようにと言われてしまった。

もっとも今のプレドニン(ステロイド)量が6錠(30mm)の状態では5ASA製剤よりもプレドニンの方が身体の炎症を抑える効果が強いはずとのことで、しばらく併用して治していきましょうとのこと。

 

というわけで、今回先生から聞いた5ASA製剤についてまとめると以下の通り。

 

・潰瘍性大腸炎治療剤のペンタサは先発薬のサラゾピリンより副作用が少ないが直腸まで効力が届かないことがある。

その弱点を改良されたのがアサコールで、ペンタサ並みに副作用が少なく、サラゾピリン並みに直腸まで効力を保つ機能を有している。

ただ大腸奥深くまでメサラジンを到達させるためのコーティング剤がペンタサから変わっていて、これが副作用を起こすことがまれにあるとのこと。

 

以上、UC内服治療の参考になればと思うけど、自分の経験からの主観なので、最終的には皆様の主治医に確認をお願いします・・・

コメントする

カテゴリ

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

-------------

ここは難病患者でも親身に保険の相談をしてもらえた数少ない相談窓口です。インターネットから予約が完結できるので面倒な調整が必要ないのでお勧めです!